2017/06/21

期末試験の持込許可物品

来月の期末試験の持込許可物品が今日公開されました。私の受講している科目は先期と同じで「英語で読む科学」が英和辞典/英英辞典、「日本語概説」が不可、「自然科学はじめの一歩」が不可、「日本語とコミュニケーション」が印刷教材とノートでした。

一通りの勉強は終わっているのですが、だいぶ早くに終えてしまったので忘れ始めています。来月に入ったら再復習を始めようと思っています。

| | コメント (0)

仁科エミ教授

今日放送された「遠隔学習のためのパソコン活用」の第11回を見たら、6月10日11日に行なわれた面接授業「ガムランの情報学的アプローチ」の講師の仁科エミ教授がワードを教えていました。ガムランではなくワードを語っているせいか仁科エミ教授のイメージがだいぶ違うように感じました。

Nishina


| | コメント (0)

2017/06/19

放送大学に学んで

先週の大学の窓の放送で中国四国学習センター編著の本「放送大学に学んで-未来を拓く学びの軌跡」という本が出版されたと紹介されていました。中国四国の学習センターでの閲覧は出来るとのことですが、とてもそこまでは行ってられないので、アマゾンで注文して届きました。

293頁と結構厚い本で、この手の書籍としては2000円は安い方かもしれません。第1部に「このように私は学んだ」と題して中国四国学習センターに所属する42名の方の文書が、第2部に「報道・記録された放送大学の学生」と題して33名の方の記事・文書が、そして第3部に中国四国の学習センター長9名のメッセージが載せられています。

とりあえず、ざっと斜め読みしました。こういう本を出版出来る中国四国ブロックの学習センターとそこの学生のみなさんは素晴らしいですね。

http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/2017/290523.html

Hosodaigakunimanande_2


| | コメント (0)

2017/06/16

来期の授業科目案内

放送大学のHPに来期の授業科目案内が掲載されましたので、見てみました。2ページに来期閉講予定科目が載っていますが、その中に来期受講予定の「著作権法概論」がありました。ギリギリ最後での受講になります。来年度の放送大学テキスト刊行予定に「著作権法概論」がありますので、改定継続科目にはなります。

118頁119頁に期末試験の時間割が載っていて、来期受講予定3科目の試験日時を確かめました。試験時間の重なりはなく、3科目の試験を3日間で受けることになります。また現在受講中の4科目が不合格再試験となった場合の試験日時重なりもありませんでした。

http://ouj-dp.web-creek.com/

| | コメント (0)

2017/06/12

ガムランへの情報学的アプローチ

昨日一昨日が東京文京学習センターでの面接授業「ガムランへの情報学的アプローチ」を受講してきました。実際にガムランの楽器が教室に運び込まれてみんなで実際に演奏させてもらえるという楽しい授業でした。

ガムランの楽器は講師の仁科先生が懇意にしている芸能山城組から借りてきたものだそうです。また山城組の方がATとして毎日2名来られていました。

まずガムラン音楽の全体像の説明があり、そしてガムラン音楽には20kHz以上の超音波がたくさん含まれ脳に良い影響を与えていることが説明されました。実際に聴いたガムランの音は脳の中に染み込んでくるような感じがしました。

音のスペクトルアナライザーも持ち込まれガムランの音や受講者が各自1個持ち込んできた楽器や鈴などのスペクトルを見せていただき、楽しい貴重な体験が出来ました。ガムランの実際の演奏も二日間に渡ってさせて頂きましたが、私にとってはかなり難しかったです。

この面接授業の内容は大学院科目のラジオ放送授業「音楽・情報・脳」でほぼ同じ内容を視聴することが出来ます。今、このラジオ授業の改良を行っていてネット配信で今回使ったスライドなどを見ながら聴けるようにしている最中だそうです。出来上がったら視聴してみようと思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=QR9bjN4jAVM

1706gamuran030s


1706gamuran032s


1706gamuran033s


| | コメント (0)

2017/06/08

面接授業仮判定

今日、システムWAKABAの学生カルテの履修情報に面接授業の仮判定が出て4月に群馬学習センターで受講した「2変数の微分積分学」が「合」となっていました。5月と6月に受けた面接授業は仮判定まだでした。

今週末は東京文京学習センターでの面接授業「ガムランへの情報学的アプローチ」を受講します。学割切符購入済です。

| | コメント (0)

2017/05/30

学割証

今期の面接授業6つのうち3つが終了しました。残り3つは文京学習センターで2つと諏訪の長野学習センターで1つです。文京学習センターの授業には新幹線で行きますので、先日の諏訪での面接授業の際に学割証をいただいてきました。東京までの往復乗車券が6700円ですのでその2割の1340円が割引になります。宿は東横インで確保済です。

次の面接授業は6月10日11日の「ガムランの情報学的アプローチ」@文京で、先生は仁科エミ教授です。仁科教授はラジオ授業の「音楽・情報・脳」でお声しか聞いていませんが、今回の面接授業で生の教授にお会い出来ます。

Gakuwari20171


| | コメント (0)

2017/05/29

易しい題材を通じてみた現代数学

昨日一昨日は諏訪の長野学習センターで面接授業「易しい題材を通じてみた現代数学」受講してきました。講師は前長野学習センター所長の二宮先生です。この授業の定員は30名で登録者が18名、出席者は16名でした。長野学習センターの面接授業は割りと空きが多いです。

講義は数学セミナー6月号に載っていたと言う素数3個の3乗の和が今年の西暦年号2017になるという話で、こういう組合せは前後400年ではないとの記事の紹介から始まりました。で、それがどうしたという話から「数学は社会の役に立つか」の講義が始まりました。

全体としてたいへん興味深い内容でしたが、結構難しかったです。受講して良かった面接授業です。二宮先生は既に退任されていますので、来年の開講はないかもしれません。

1705mensetsu_sugaku03s


1705mensetsu_sugaku02s


1705mensetsu_sugaku01s


| | コメント (0)

2017/05/23

面接授業レポート完成

面接授業「インド音楽の理論と実践」のレポートが完成しました。A4で5枚以上書きなさいとのことですが、3枚で書くことがなくなりました。たぶん受け取っていただけるでしょう。

郵送提出用の封筒と15円で送るための説明書をもらってきましたが、今週末に学習センターに面接授業で行きますので、そのとき持参ですので封筒は不要です。手書き用紙ももらってきましたが、パソコンで作成しましたので、手書き用紙も不要です。

Mensetsu_report_1


Mensetsu_report_2


Mensetsu_report_3


| | コメント (0)

2017/05/22

インド音楽の理論と実践

昨日一昨日は長野市のトイーゴの生涯学習センターでの面接授業「インド音楽の理論と実践」を受講してきました。この授業の定員は32名(教室の席数制約)で、今回は定員を満たしているとのことで、昨年まではもっと参加者が少なかったとのことでした。7名の欠席者があり実際に参加したのは25名でした。女性や若い方が結構多かったです。

講師の船津教授は若い頃に3年間インドに留学していてそのときに、留学目的からそれてインド音楽の研究にのめり込んだとのことです。講義はインド哲学とヨガの話から始まり、インド音楽メロディー言語、リズム言語の詳細な説明がありました。

そのあと映像資料で実際のインド音楽をたくさん聴かせていただきました。二日目は大半がインド音楽観賞でした。インド音楽と言うと楽器シタール位しか知りませんでしたが、かなり幅が広く奥が深いことが分かりました。実際に楽器とその演奏も見せていただき、楽しい有意義な授業でした。

バイオリニストのメニューイン、ジャズのコルトレーン、ビートルズのジョージハリスンらがインド音楽に深く関わっていたことを、今回初めて知りました。

この面接授業、レポート提出が必要でA4で5枚以上書いて6月6日必着で学習センターに送付まだは持参しなさいとのことです。5枚も書くのはちょっとたいへんですが、今週末にも諏訪の学習センターで授業があるのでその時持参できるように、今日明日で仕上げたいと思います。

1705indeamusic01s


1705indeamusic20s


1705indeamusic25s


| | コメント (0)

より以前の記事一覧