2019/12/08

面接授業@九州国立博物館

先週の木金5日6日は太宰府市にある九州国立博物館での面接授業を受講してきました。定員40名で登録40名、欠席3名でした。出席簿に所属学習センターが書いてありましたが、大半の方は福岡県でした。関東の方も多くいて沖縄から来られている方もいました。時間的に一番遠い所から行った人は私かもしれません。(電車での移動時間片道9時間)

全体的な説明のあと博物館館長の挨拶があり、最初は博物館の使命についての講義でした。2時限目は博物館常設展の会場に行っての講義でした。特別展で三国志展をやっていたので、学生料金1000円を払って昼休みに見ました。

2日目は学習センター紹介番組の収録撮影が行われ授業風景が撮影されていました。私は一番前に座っていましたので、もしかすると映っているかもしれません。2日目には普段は見れない博物館のバックヤードツアーがあり、博物館の放送授業で状況は知っていましたが、実際に見れて良かったです。

最終時間でのレポートは「博物館の未来」について書けとのことで、少なくともA4の表は埋めてくださいとのことでしたが、私にはとても書ける内容ではありませんでしたので、5行ほどでお終い。不合格かもですが、受講してたいへん良かったです。

P1080481s

P1080493s

P1080496s

| | コメント (0)

2019/12/02

はじめての天文学

昨日一昨日は諏訪の長野学習センターでの面接授業「はじめての天文学」を受講してきました。定員は36名で応募者36名と長野学習センターとしては珍しく定員一杯の授業でした。欠席者は初日1名、2日目は3名でした。長野県では天文愛好家が多いのかもしれません。知人が3名いました。

初日は太陽系から宇宙のはてまでのお話。2日目は宇宙の始まりから生命の誕生までの話です。科学的根拠に基づいた分かりやすい楽しい講義でした。

学習センターの隣の建築中のマンションはほぼ完成していました。

Mensetsu2019121_1

Mensetsu2019121_2

Mensetsu2019121_3

Mensetsu2019121_4

| | コメント (0)

2019/11/26

来期新規開設科目の録音録画科目

来期の授業科目案内がネット出ましたので、来期新規開設科目の中で録音録画して視聴する科目を決めました。

英語で読む大統領演説、生活環境と情報認知、コミュニティがつなぐ安全・安心、精神疾患とその治療、教育・学校心理学、錯覚の科学、社会・集団・家族心理学、データの分析と知識発見、情報技術が拓く人間理解、日本の近世、日本語学入門、「人新世」時代の文化人類学、AIシステムと人・社会との関係、場と時間空間の物理、エントロピーからはじめる熱力学、の15科目です。

将来履修の可能性もありますが、当面視聴のみです。

| | コメント (0)

2019/11/25

放送大学CBTモニター試験A日程

放送大学のCBTモニター試験のA日程の試験を受けてきました。試験会場は上田市のショッピングモールアリオの2階の片隅にあるパソコン教室です。片隅にあるので場所が分かりづらいです。スタッフは1人でパソコンブースが12箇所でした。3人ほどパソコンの勉強をしていました。私は一番端の12番ブースで受験です。

プリントした受験票と学生証を見せて本人確認。今日のログインIDとパスワードを書いた紙を渡されて教室のパソコンにログイン。そこに受験科目「心理学概論」が表示されていて、クリックして指定時間になると試験開始ボタンがアクティブになり受験開始できます。

放送大学の受験者は私一人。時計や携帯は下のカゴに入れておきます。ボールペンと紙が渡されますが、試験終了後に紙も含めて返却です。パソコン教室の受講者への説明など周りは結構騒がしかったです。アンケート解答まで含めて20分で試験完了しましたが、試験の正答数表示は出ませんでした。

試験問題は個別にランダム出題とのことですが、試験問題の公平性に問題があるのではと感じました。今回の結果はわかりませんが、わからない設問もあり80点くらいかもしれません。実際に導入されても面倒そうなので、パソコン試験科目は受けない可能性が高いです。

Cbta_1

Cbta_2

| | コメント (0)

2019/11/22

放送大学CBTモニタ試験

単位認定試験モニター受験のB日程の試験会場日程申し込みが今日から出来るようになり申し込みました。長野県はモニター受験者が少ないようで、B日程では試験日程は選べず実質試験日指定でした。

A日程が11月25日の15:40からでハロー!パソコン教室イトーヨーカドー上田校です。受験科目は「心理学概論’12」。B日程が12月19日の13:30からですきこそじょうず東部湯の丸テストセンターです。受験科目は「今日のメンタルヘルス’11」「情報社会のユニバーサルデザイン’14」の2科目です。

筆記用具も含めて私物持ち込み不可とのことで、普段の単位認定試験とはだいぶ感じが違います。計算が必要な科目の場合は筆記用具と紙がないと困ると思いますが、今回はその必要はない科目です。試験用紙もないので、試験用紙にチェックマークもつけられません。

| | コメント (0)

2019/11/11

書籍の整理

放送大学の印刷教材他が順調に増え続けていて、居間の本棚が一杯になってきています。次男が父宅2階に置いてあった書棚の書籍を、お盆に次男に片付けてもらって、その書棚が空いていましたので、その書棚を父宅玄関部屋に移動し、そこにあまり見ない本を少し移動して居間の本棚のスペースを確保して本を並び替えました。父宅玄関部屋の書棚はまだだいぶ空いていますので、放送大学での名誉学生取得までの4年後までに増える書籍のスペースが確保されました。

Bookshell

| | コメント (0)

2019/11/09

福岡学習センタからの面接授業案内

来月に福岡で受講する面接授業の案内が届きました。今までの経験から面接授業の事前案内が来ないのは関東の学習センターだけの感じです。

九博の案内パンフレットと特別展「三国志」のパンフレットも同封されてきました。福岡学習センタからの封筒は工夫が施されていて、封筒上部中央の部分を抑えて引っ張ると糸で開封されるようになっていてハサミがいりません。

二日目午前のバックヤードツアー等のときに「学習センターめぐり」の取材が入るとのことで撮影が困られる方は1日目に職員までお申し出くださいとのことです。私は申し出はしませんので、もしかするとテレビに映るかもしれません。

昼休みに「三国志」展を見ようと思っています。学生800円。全点写真撮影OKとのことなので、しっかり撮ってきます。

Kyuhaku_1

Kyuhaku_2

Kyuhaku_3

| | コメント (0)

2019/11/08

通信課題提出

今日からWEBでの通信課題の提出の受付が始まりましたので、提出型課題と自主課題共に解答して提出しました。提出型課題は満点、自主課題は80点でした。自主課題は国語理解のレベルで間違えました。今期は放送授業「日常生活のデジタルメディア」の1科目だけなので、これで完了です。

| | コメント (0)

2019/11/05

認定心理士の会セミナ@上田市

昨日は上田駅前で認定心理士の会の公開セミナーが開かれ聴きに行ってきました。上田市で認定心理士の会のセミナーが開かれるのは去年に引き続き2回目です。会場は上田駅前パレオ2階の会議室で参加者は30名ほどでした。

講演テーマは眠りに関する3題でいづれもたいへん興味深い内容でした。二番目の江戸川大学の福田教授の講演の中で「フロイトの夢判断理論の根拠は彼が診察した少数の神経症例や彼自身の個人的体験であり、いわゆる科学的手続きにより導き出されたものではない」との話が出ましたが、私も前からそんな思いを持っていましたので、納得できる見解でした。

講演のあと上田駅近くの鯉西で懇親会があり、こちらも参加してきました。懇親会の参加者は13名。講演者や認定心理士の会役員、手伝いをしていた長野大学学生などで、私のような一般の認定心理士の参加者は数名でした。料理も美味しく、講師他の皆さんから色んな話も聞けて有意義な懇親会でした。

今回のセミナーを企画した長野大学の佐藤教授によると、来年もまた上田市での講演会を企画したいとのことでしたが、まだ未定とのことです。開かれれば、参加したいと思っています。

Ninteishinrishi2019_20191105083901

Ninteishinrishi2019_2

Ninteishinrishi2019_3

| | コメント (0)

2019/10/27

放送大学同窓会長野野外研修会

昨日は放送大学同窓会長野の野外研修会があり参加してきました。野外研修会と言っても野外ではなく屋内の博物館、美術館の見学です。全て学割で入場しました。参加者少なめで6名でした。

最初は昨日から長野県立歴史館で展示が始まった「国宝土偶展」です。国宝の土偶を5つ全て展示するという企画展でそれなりに人が来ていました。国宝土偶は初めて見ました。結構大きいです。小さいレプリカを売っていましたが、高かったので買いませんでした。

そのあと上田市に移動し昼食のあとサントミューゼの上田市美術館での「版表現の魅力」と「シンビズム」の展示を見学。版表現の魅力では丁度村上早と学芸員によるトークショーが行われていて、聞くことができました。30人ほど聴衆がいました。

Doguten

Hanhyogen

Shinbism

| | コメント (0)

より以前の記事一覧