2017/10/06

シャンソンフェスタ

先月チラシをもらった上田市のシャンソン教室の発表会「ラ・メール シャンソンフェスタ」を聴きにいってきました。シャンソン教室の先生(男性)がピアノもしくはシンセサイザーで伴奏して生徒のみなさんが歌います。歌った方は全て女性。妙齢の方が多く最初に歌った方は85歳とのことでした。

みなさんそれなりに上手で、中にはプロ並みと思われる方も何名かいらっしゃいました。トリはゲストの榊原舞さんです。私は知りませんでしたが、上田市在住のシャンソン歌手のようです。シャンソンを生で聴いたのは初めてでした。

Photo


Shansonfesta_1


Shansonfesta_2


| | コメント (0)

2017/09/20

クラシック音楽に親しむ講座第3回

今日はサントミューゼの小ホールで開かれた「クラシック音楽に親しむ講座」の第3回を聴いてきました。ロマン派の音楽をテーマにしたチェロとピアノの演奏です。観客の入りは半分ほどでした。今回は聴いたことのない曲が殆どでした。

このシリーズは3回目になりますが、学生区分で1000円で聴けますので全回聴いています。次回は12月8日に駅前のホテルでのクリスマスランチコンサートとのことですが、値段も高いのでこれには行きません。

Classic_lecture2017920


| | コメント (0)

2017/09/03

ロマン派演奏会

昨日の「ロマン派症候群」で演奏した3人の女性による演奏会が昨日に引き続きサントミューゼの小ホールで開かれ聴きに行ってきました。当日券も少し発売されたようですが、座席はほぼ満席でした。

第1部では仲道郁代さんのピアノソロでショパンの曲が7曲演奏され、休憩を挟んでの第2部ではバイオリンとチェロが加わってブラームスのピアノ三重奏曲第1番ロ長調が演奏されました。ショパンの曲はみんな知っている曲ですがブラームスのこの曲を通して聴くのは初めてでした。ブラームスらしいいい曲でした。

仲道郁代さん、ショパンは暗譜で弾いていましたが、ブラームスは一応譜面を見て弾いていました。譜面めくりの男性がついていました。仲道郁代さんショパンを弾いている時は口でも歌っていました。(最前列の席でしたのでよく見えました。)

Romantic_concert_1


Romantic_concert_2


Romantic_concert_3


| | コメント (0)

2017/09/02

ロマン派症候群

今日はサントミューゼで音楽と演劇のコラボ作品「ロマン派症候群」を聴いてきました。小ホールでの公演で観客の入は7割ほどでした。

この「ロマン派症候群」昨年の1月にサントミューゼで初演された作品です。今回は少し違うのかなと思って聴きに行きましたが、基本同じでした。二人の役者も同じ、ピアノも仲道郁代さんで同じでしたが、バイオリンとチェロの奏者が違いました。

上田市を皮切りに仙台、豊田、大津、豊岡、雲南、北九州と10月8日にかけて同じ演奏会が開かれるとのことです。

Romanticsyndrome_1


Romanticsyndrome_2


| | コメント (0)

2017/08/19

小学生ドラマー

映画を見終わって、立体駐車場に向かっていくと何やらエレキギターサウンドが聞こえてきました。聞こえたのはベンチャーズのパイプライン。わたしの高校時代にはギターでテケテケテケテケと弾いたものです。

近くに行ってみると小学生ドラマーがベンチャーズの曲をバックにドラムを叩いていました。たいへん上手でした。輪になった聴衆は30人ほど。ちょうどこの曲が最後でしたので、聴き終わってから駐車場に向かいました。

Drumer_junia


| | コメント (0)

2017/08/18

のだめカンタービレの音楽会ピアノ版

今日の午後にサントミューゼで行なわれた「高橋多佳子の生で聴くのだめカンタービレの音楽会ピアノ版」を聴いてきました。小ホールでの開催で客の入は9割弱と言った感じでした。19時からの夜の部もあります。

「のだめカンタービレ」はマンガが原作でドラマや映画にもなっている有名な音楽ドラマで、その音楽会はオーケストラ版が全国で100回近く開かれていてチケットは毎回ソールドアウトとのことです。今回のピアノ版は初めての試みで上田のサントミューゼが初演とのことです。

「のだめカンタービレ」に出てくる関連曲を1曲づつトークを交えながらの演奏でした。バックにスクリーンが下ろしてあり、マンガ「のだめカンタービレ」の映像や、楽曲の解説、関連映像などを映しながらの演奏です。

私の席はバルコニー席の一番前でグランドピアノと演奏者をちょうど見下ろせる場所で高橋多佳子さんの表情がよく見えました。高橋さん、顔の表情が豊な方で演奏に合わせて表情が変化していました。もちろん演奏も上手でした。

10月29日にこのオーケストラ版もサントミューゼで公演されるとのことで、こちらのチケットも購入済です。「のだめカンタービレ」映画2本はBDに落としてありますのが、また見たくなりました。

Nodame_piano_1


Nodame_piano_2


| | コメント (0)

2017/07/04

ベートーヴェンに出会う夏

昨日はサントミューゼでのコンサート「クラシック音楽に親しむ講座 第2回 ベートーヴェンに出会う夏」を聴いてきました。このコンサートは演奏だけではなくチェロ奏者の渡部さんの解説をはさみながらのコンサートなので「講座」と題されています。

チェロ、バイオリン、ピアノ共にたいへん上手で良い音楽が聴けました。チケットは一般2000円学生1000円とのことで私は学生で聴きました。聴衆の入は小ホールに半分程度と少なめでしたが、この手のコンサートとしては上々かと思います。

会場で、以前、山の会にいた方に久々にお会いしました。仕事は退職されましたが、山には殆ど登っていないとのことです。その方の息子さんがクラシックの演奏をされているとのことですが、生計は厳しいと言っていました。芸術で食べていくのは大変ですね。

Bethoven_1


Bethoven_2


| | コメント (0)

2017/06/18

N響コンサート

昨日サントミューゼでN響のコンサートがあり奥方と聴きに行ってきました。生のN響を聴くのは3年ぶりくらいですが、やはりN響は上手いです。曲目はモーツァルトシリーズで3曲で魔笛序曲、フルートとハープのための協奏曲、交響曲41番ジュピターです。今回のN響は指揮者、コンマス、フルート独奏者、ハープ独奏者の4人がヨーロッパの方でした。

今回、遅めにチケットを取ったので、あまり良い席が取れずS席でしたが最前列でした。目線がステージの床位で指揮者やコンマスまで3m位の距離でした。ハープの音が大きくなく、結果的に最前列良かった感じです。また前方120度以上に渡って音源がある形ですので音の広がりをしっかり感じ取れました。またバイオリンの指使いもしっかり見れました。

Nkyo_1


| | コメント (0)

2017/06/09

ピアノコンサート

今日のお昼に新居由佳梨のピアノコンサートでサントミューゼに聴きに行ってきました。ワンコインマチネシリーズなので料金は500円です。小ホールでしたが、9割の入りでした。新居由佳梨さん、今まで知りませんでしたが、たいへん上手で、そして美人です。1曲づつ解説付きのコンサートでした。アンコールは2曲候補を上げて観客の挙手で決めました。

Arai_yukari_piano


| | コメント (0)

2017/05/25

コンサートチケット

奥方との日程を調整した上でサントミューゼでのコンサートチケットを買ってきました。直近が6/9のワンコインマチネ、その次が6/17のN響でこれは奥方同伴で行きます。少し先ですが7/3は「クラシック音楽に親しむ講座」の2回目でこれは学生料金1000円で購入です。

7/5の雪村いずみのコンサートは私のジャズヴォーカルの先生が出演されるとのことなので聴きにいくことにしました。雪村いずみはもう80歳になりますが、まだ歌っているんですね。当面の最後のコンサートは8/18の「のだめカンタービレ音楽会」になります。これらのチケット代〆て22300円です。

Tickets_1


Tickets_2


| | コメント (0)

より以前の記事一覧