2019/12/09

七つの会議

録画しておいた映画「七つの会議」を見ました。この映画は昨年、映画館のチラシで少し気になった映画ですが、映画館で見るまでもないと思いWOWOWの放映を待つことにしました。

この映画は日本企業の会議大事、隠蔽体質批判を軸に七つの会議でのストーリーが展開されて行きます。キャストがたいへん豪華です。それなりに面白かったのでBDに落として永久保存版としました。

https://www.youtube.com/watch?v=DvpeYU87ePI

Nanatsunokaigi

| | コメント (0)

2019/12/03

Railwayシリーズ3作品

Railwayシリーズ3作品「Railways 49歳で電車の運転士になった男の物語」「Railways 愛を伝えられない大人たちへ」「かぞくいろ Railways」がWOWOWで放映されましたので録画して見ました。「かぞくいろ」以外は過去にWOWOWで放映されたようですが、見ていませんでした。

この3作品は鉄道と家族をテーマにした映画で悲しい設定ですが、最後にはほっこりする良い映画でした。中でも最新作の「かぞくいろ」が一番良かったです。3作品ともBDに落として永久保存版としました。

https://www.youtube.com/watch?v=ZG-IzjcLDcg

Railway1

Railway2

Kazokuiro

| | コメント (0)

2019/11/19

マスカレード・ホテル

WOWOWで放映された映画「マスカレード・ホテル」を録画して見ました。この映画は映画館に見に行くほどではないと思い映画館では見ませんでした。今回見てみて、たいへん面白かったです。長澤まさみ、しっかり大人の女優になっていますね。もちろんBDに落として永久保存版としました。

https://www.youtube.com/watch?v=SVEvPyOrCeI

Masqueradehotel

| | コメント (0)

旅猫リポート

去年、映画館で見て原作も読んだ映画「旅猫リポート」がWOWOWで放映されましたので録画して見ました。2度目でもたいへん良い映画だと思いました。BDに落として永久保存版としました。

https://www.youtube.com/watch?v=4TykmX_eqYc

Tabineko_1

| | コメント (0)

2019/11/08

ターミネーター:ニューフェイト

今日から公開になった映画「ターミネーター:ニューフェイト」を6回見ると1回タダで見てきました。時間の都合で日本語吹き替え版で見ましたが、字幕版は来年WOWOWで放映されたら見ます。一番大きいスクリーンの公開で50人以上は入っていたと思います。やはりこのシリーズは人気ですね。

最初から最後まで素晴らしいアクションとVFX。ストーリーも良くて最後には感動の涙も。最近日本映画ばかり見ていたので、違いを感じました。お勧めの映画です。

https://www.youtube.com/watch?v=VQkbQ-WpjBg

Terminater_newfate_1

Terminater_newfate_2

| | コメント (0)

2019/11/07

最初の晩餐

現在公開中の映画「最初の晩餐」を見てきました。観客が私を含めて3人と今までで一番少なかったです。同時公開の上田ロケの映画「閉鎖病棟」には40人以上入っていました。

上田市近辺のロケ映画ですが、あまり知っているところがなく、よくわかりませんでした。上田プラザボールはわかりましたが、合成映像になっていて、実際にはない大きな立体駐車場後ろに映っていました。依田窪斎場は行ったことはあるはずですがよく覚えていません。

食事のシーンがかなりたくさん出てくる映画で、食事を通じて家族を描こうとした映画のようです。

https://www.youtube.com/watch?v=yZiupR6PUQ8

Saishonobansan_1

Saishonobansan_2

Saishonobansan_3

| | コメント (0)

2019/11/06

閉鎖病棟-それぞれの朝-

現在公開中の映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」を見てきました。ロケ地が上田市とその近辺ということもあって見に行きました。メインの舞台になっている精神病院の撮影は小諸高原病院で黒斑山の登山口である車坂峠に行く道の途中から右に曲がった先にあります。小松菜奈がタクシーで病院に向かうシーンでの道は車坂峠への道と思われます。上田市のロケ地は海野町商店街、上田城跡公園児童遊園などで、すぐに分かりました。

それで映画の内容はというと、たいへん重い内容の映画ですが、最後の裁判のシーンでは泣けました。原作の小説も頂いた図書カードで購入して1/3ほど読んでから見ましたが、小説の方はちょっと分かりづらいです。映画を見てから小説を読んだほうが分かりやすいかもしれません。いずれにしてもたいへん良い映画でした。

https://www.youtube.com/watch?v=DFTMDcD2BOE

Heisabyoto

Heisabyoto_2

Heisabyoto_3

| | コメント (0)

2019/11/01

マチネの終わりに

今日から公開になった映画「マチネの終わりに」を見てきました。平日の昼間ですが、40名以上入っていました。映画の日で1200円なのと、福山雅治ファンが多く来たのかもです。

事前に原作を読んでから見ましたが、原作の冗長さが無くなって、いい映画に仕上がっています。原作よりも良いですね。ストーリーは原作と一緒ですが、多少脚色はあります。

小説では楽曲名が書いてあるだけですが、映画では実際にクラシックギター音楽が流れます。高校大学と少しクラシックギターをやっていたので、知っている曲、習った曲も出てきました。

来年WOWOWで放映されたら録画して永久保存版にしようと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=HCE2owGeIdw

After_machine_1

After_machine_2

| | コメント (0)

2019/10/29

マチネの終わりに

今週末から公開される映画「マチネの終わりに」の原作がブックオフにあったので買って読みました。この小説は新聞小説として連載されていたものが、2016年に単行本になり、そして今年の6月に文庫本になりました。470ページの大作です。

アマゾンの口コミでは悪い口コミもありましたが、良い小説でした。新聞小説だったせいかちょっと冗長な部分もありましたが。全体にクラシックギター音楽が流れる音楽恋愛小説です。

これを映画化するにあたっての主役選びはさすがだと思いました。福山雅治に石田ゆり子。この小説のイメージにピッタリです。金曜日の公開初日に見に行こうと思っています。映画でどのような表現になるか楽しみです。

Machine_1

Machine_2

Machine_3

| | コメント (0)

2019/10/28

ビブリア古書堂の事件手帖

昨年映画館で見た映画「ビブリア古書堂の事件手帖」がWOWOWで放映されましたので、録画して見ました。2度目目でもたいへん楽しめ良い映画でした。改めて思いましたが、原作の小説が古書に関する逸話集と言った感じであるのに対し、映画の方は一つのラブロマンスの物語にまとまっていて、映画の方が良いと思いました。もちろんBDに落として永久保存版としました。

https://www.youtube.com/watch?v=7mBuqLL56T0

Biburia_1

| | コメント (0)

より以前の記事一覧